代表のプロフィール

代表 

池澤 益彦(いけざわ ますひこ)

得意分野

住宅会社において、数字や組織の活性化に取り組む業務が長かった関係で、事業全体を見ながらの許認可や、組織の活性化、事業計画、資金繰り表の作成を伴う経営支援、補助金・借入の支援です。
許認可はもちろんのこと、経理記帳の話から投資計画まで、お気軽にご相談願います。

経歴・趣味・資格・所属

経歴生まれは、大分県南の佐伯市の漁村
学校は、大分県立佐伯鶴城高校、一橋大学商学部を卒業
住友林業に勤務し、財務部・経理部・香港・経営企画部・住宅管理部・海外管理部などに所属
2018年から中小企業診断士としての仕事を開始、2021年に多摩センターに行政書士事務所を開設
趣味庭いじり・バイク・料理・愛犬との散歩など
資格行政書士中小企業診断士FP(1級ファイナンシャル・プランニング技能士)
認定経営革新等支援機関ほか
所属東京都行政書士会(府中支部)、東京都中小企業診断士協会(三多摩支部)

生い立ちから現在まで

事務所の代表を務めさせていただいています、池澤益彦と申します。
大分県南の漁師町出身で、実家は写真のような所で漁師と釣り宿を経営していました。現在は、稲城市に住んでいます。
大学から多摩地区に越してきて、途中転勤等で不在の時期を除いても、通算で30年以上になります。
大学時代にバイトで多摩ニュータウンに初めて来たときは、まだ一面開発途上でした。現在のマンションやビルが建設されていない状態で、小高い丘より永山駅~多摩センター駅を眺めると、電車と長く伸びた線路だけが見える姿を鮮明に憶えています。

大学を卒業した後は、住宅メーカーの勤めが長く、30年以上となります。2018年から中小企業診断士として開業しており、2021年から行政書士の業務を加えました。
サラリーマン勤めでは、住宅販売というよりも、建材流通や財務・経理畑が長く、40歳以降では、主に会社の営業施策や組織の見直し、新規事業開発、事業改善、海外進出などを担当していました。
最近は、個別の相談や面談をする機会が多く、独立前5年ほどの間に延べ1000人近い人と面談したり、独立後にはここもと1年の間、公的な機関で延べ100日ほどの窓口相談・支援をさせてもらっています。

許認可やビジネス・コンサルの専門家としての独立の経緯は、勤務時代の僅かながらの知見が、住まいのある多摩地域や、出身地である大分県佐伯市の地域振興の一助ができないかと思い始めたからです。
事業のこと、オーナー様ご自身のこと、なんでもお気軽にご相談してください。

タイトルとURLをコピーしました